老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コレステロールに善玉も悪玉もない?

健康診断で医者に「悪玉コレステロール値が高い」と指摘された方もおられると思いますが、このコレステロールの善玉、悪玉という概念そのものに疑問が投げかけられています…(;д;)

「 「善玉」コレステロールが、一部の人にとっては心臓疾患リスクを高める可能性があるとの研究結果が、米科学誌サイエンスに掲載された。善玉のHDLコレステロール値を上げる医薬品に新たな疑問を投げかける報告だ。

HDLコレステロールは通常、動脈の血流を妨げる悪玉のLDLコレステロールの作用を抑え、一般的には心臓疾患のリスクを下げるとされている。
しかし研究によると、まれな遺伝子変異によってHDL値が高い一部の人は、逆に心臓疾患のリスクも高まるという。

また、この遺伝子変異は、ドイツや東欧に居住していた祖先をもつアシュケナージ系ユダヤ人に特有の現象とみられる。

これまでに行われてきたHDL値を上げる薬の臨床試験では、期待通りの結果が得られておらず、今回の研究はその説明となる可能性がある。
研究を支援した英国心臓基金のピーター・ワイスバーグ氏は、今回の結果は大きな疑問に光を当てたほか、長期的には将来の心臓疾患のリスクを低下させる手段に新たな道を開く可能性があると述べた」(ロイター3月10日より)

昔、コレステロール値が高かった頃、医者から卵を食べないように言われたことがありますが、これもあまり関係ないみたいです(*`へ´*)
医者も製薬会社も悪玉とか善玉とか適当な理由をつけて、患者に薬を飲ませたいのかと邪推したくなります

しかし、中性脂肪値が高かった伯母が脳梗塞で半身不随になったのは事実なので、コレステロール、中性脂肪の数値が異常に高い場合は生活習慣を見直すべきだと思います
高くならないように、常日頃から気をつけるのは言うまでもないことですが、お酒好きの方々はなかなか止められないようです…( ̄^ ̄)ゞ
分かっちゃいるけど、止められないヾ(・∀・)ノ ← これはもう自己責任ですね

コレステロールに関してはファイザーの開発失敗が大きく影響しているのかもしれません。

→ 米ファイザー製薬が新薬トルセトラピブの開発中止

製薬会社も新薬開発が見事に成功すればいいけれど、失敗したらとんでもない痛手を蒙ります…
莫大な利益を手にするためにはそれ相応のリスクを負わねばならないということですね

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。