老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日立もリストラ…

東芝、シャープとガタガタになっているので、日立には頑張ってもらいたいのですが。。。

「建設機械大手の日立建機は28日、中国など新興国での販売減を受けて、489人が早期退職優遇制度に応募したと発表した。昨年11月16日から今年2月26日まで、同社や国内連結子会社に在籍する35歳以上の社員や再雇用社員を対象に募集行っていた。489人は3月20日までに退職した。

 日立建機は今3月期連結決算で、リストラ費用として約60億円を計上する予定。すでに業績予想に織り込みずみ。リストラで年間約40億円の経費削減を見込む。

 日立建機は中国やインドネシアなど新興国で販売が苦戦している。1月には業績の下方修正も行った。売上高は前期比6.8%減の7600億円、営業利益が52.5%減の300億円、最終利益は63.5%減の95億円を見込んでいる。人員の適正化を図り、財務基盤を立て直したい考えだ」(産経ニュース3月28日より)

国内では東京オリンピック需要で人手が足りないというのに…
新興国に進出したのがアダになったということでしょうか???
結局泣くのは一生懸命働いてきた人達です。社員の方がお気の毒ですが、がっぽり退職金が出るだけ中小零細企業よりはマシです

日立物流の場合は、合併によって人員を整理するということですよね。

「人口減少に伴う貨物輸送の減少が課題となるなか、宅配便大手の佐川急便を傘下に持つSGホールディングスと、日立物流は資本提携し、提携の成果を見て、将来の経営統合も検討することになりました。
発表によりますと、佐川急便を傘下に持つ陸運業界3位のSGホールディングスと、日立製作所の子会社で業界4位の日立物流は、資本提携します。具体的には、ことし5月中旬までにSGホールディングスが日立物流の29%の株式を親会社の日立製作所から875億円余りで取得する一方、日立物流も佐川急便の20%の株式をおよそ663億円で取得します。
SGホールディングスは消費者向けの宅配便のネットワークに、日立物流は企業間の貨物輸送や物流のコンサル業務にそれぞれ強みがあり、提携によって両社は総合的な物流サービスの提供を目指すとしています。また、情報技術を活用した宅配便のコスト削減や東南アジアを中心とした海外事業の拡大を進め、提携の成果を見て将来の経営統合も検討するとしています。
記者会見したSGホールディングスの町田公志社長は、「荷主の要望にすべて対応できるという体制を早く作りたかった。提携で相乗効果を発揮して経営統合を実現させたい」と述べました。また日立物流の中谷康夫社長は「今後、世界に出ていくには、より強い経営基盤が必要で今回の資本提携はその第一歩だ」と述べました。
物流業界を巡っては、人手不足による人件費の増加や人口減少に伴う貨物輸送の減少が課題となっていて、今回の提携が今後の業界再編を加速させるか注目されます」(NHKニュース3月30日より)

効率よく正規社員を活用するということでしょうね~
トラックの運転は安定した収入、ゆとりあるスケジュールを確保できる人が担当するべきです。
事故を起こしたら大変ですから…(。-_-。)
若い正規社員がアルバイトの高齢運転手を顎で使う光景など見たくありません

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。