老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

フィット、またリコール

フィットが売れまくっていた頃、近くのホンダ販売店に問い合わせの電話をしたところ、非常に無愛想で投げやりな態度だったので、フィット購入は断念したのですが、逆にそれが良かったのかもしれません

「品質問題の解消を目指してきたホンダが、主力小型車「フィット」でリコールを再び国土交通省に届け出た。
フィットの現行モデルは2013年9月の国内投入後、リコールを繰り返していた。
国交省の4日の発表によると、今回のリコールは計2件で、フィットのほか小型SUV「ヴェゼル」も対象となっている。海外に対象車はない。
  2件のうち、一つはフィットとヴェゼルで、アイドリングストップから始動する際に使う制御ユニットの設計不具合による計約16万4000台。もう一つは、フィットのパワーステアリングの電圧設定に問題があり、バッテリーが劣化した際、ハンドルが効かなくなる不具合で計約11万9000台。国交省自動車局の山本勇一氏によると、前者で焼損が6件、うち2件はほぼ全焼、後者でガードレールにぶつかるなど2件の物損があり、いずれもけが人の報告はなかった。ホンダ広報担当の加地耕祐氏によると、2件の対象になっている同一車両があり、リコール車両台数としては計約16万4000台となる。

フィットはホンダの主力車で、2001年の発売以来、世界展開している。現行モデルは国内投入後から14年10月までの1年余りの間に、電子制御関連などの不具合で計5回のリコールを繰り返していた。
最近の決算でホンダは品質関連費用が膨らみ、同業他社に比べて収益が伸び悩んでいた。
ホンダの品質問題をめぐっては、前任の伊東孝紳氏から昨年6月に引き継いだ八郷隆弘社長が身の丈を超えたスピード」に問題があったとの認識を示し、体制の見直しを進めてきていた。
今年に入っても、ホンダの新型車でリコールが出ている。米国で昨秋に投入した主力車で、10代目の新型「シビック」を、今年2月にリコールしていた」(ブルーグバーグ4月4日より)

他車でもリコールはあるけれど、いくらなんでも回数が多過ぎますね…
技術のホンダなのに技術者を大事にしなかったということでしょうか…(T_T)
このような事態を引き起こした経営者の責任は重いです

ホンダ以外でも、最近、リコールが多いですよね。。。
スズキのはブレーキ関連なので、少々恐いです…

「スズキは4月7日、軽自動車『パレット』などのブレーキホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。
対象となるのは、スズキ『パレット』、日産『ルークス』の2車種で、2008年1月9日から2011年6月7日に製造された合計31万5304台。
前輪ブレーキホースのレイアウトが不適切なため、ハンドルを一杯に切った際、曲げRが小さくなり、その繰り返しでブレーキホースの内部に亀裂が発生することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると亀裂が広がり、ブレーキ液が漏れ、最悪の場合、制動力が低下するおそれがある。
改善措置として、全車両、ブレーキホースを対策品と交換する。
不具合は51件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した」(レスポンス4月7日より)

ホンダにしろ、スズキにしろ、リコールせずに隠している企業よりはマシかもしれません

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア