老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイオ祭りが来た~!

長~い待機期間も過ぎ、ようやくバイオ関連銘柄にも春が来たようです~(^∇^)ノ

「そーせいグループ<4565.T>がストップ高カイ気配で張り付いているほか、ペプチドリーム<4587.T>、タカラバイオ<4974.T>、カルナバイオサイエンス<4572.T>、カイオム・バイオサイエンス<4583.T>、ナノキャリア<4571.T>、スリー・ディー・マトリックス<7777.T>、グリーンペプタイド<4594.T>、アンジェス MG<4563.T>、リボミック<4591.T>、サンバイオ<4592.T>、ラクオリア創薬<4579.T>、オンコセラピー・サイエンス<4564.T>、メディネット<2370.T>などバイオ関連株が一斉高となった。

 ここ世界的な新薬不足を背景に、製薬業界では特殊ペプチドや核酸医薬などの新技術を有する創薬ベンチャーへの注目が集まっている。そのなか、そーせいは海外で展開するCOPD治療薬のマイルストーンやロイヤルティ収入が寄与して、業績は13年3月期から営業黒字化し、16年3月期営業利益は前の期比推定5.3倍の変貌をみせる見通しにある。黒字バイオベンチャーとしての安心感に加えて、M&A戦略による新薬パイプラインも強化、特殊ペプチド技術にも注目が集まっている。

 そーせいはここ株価調整局面にあったがきょうは寄り付きから買いが集中、この物色人気が他のバイオ株に燎原の火のごとく広がった。そーせいの急騰について市場関係者は「アイルランドに本拠を置くアラガン社とのパートナーシップ締結について先方ホームページで正式に公表されたことが手掛かりとなっているようだ。需給面では株券調達に伴うファンド筋の空売り買い戻しなどが反映されたものではないか」(国内ネット証券大手)と指摘されている」(出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ) 4月7日より)

円高なんて関係ない
頑張れ~バイオ!♪───O(≧∇≦)O────♪

読者の中にはかつてのバイオ祭りをご記憶の方もおられると思いますが、上げ上げの流れが長く続いてほしいですヾ(・∀・)ノ
そして、今度こそ、どこかでそーせい以外のいくつかの銘柄を利確してしまわねば…( ̄o ̄)
バイオ関連は下げるのも早いですから…((((;゚Д゚)))))))

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。