老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

セブンイレブンの悪行に民放は沈黙

このブログでも度々取り上げてきましたが、セブンイレブン商法は本当にあくどいです。
ファミマもローソンも似たようなことはしているでしょうけれど、やはりセブンイレブンの過酷さがダントツで、オーナーを食い物にしているのが見え見えです

「セブンイレブン商法 オーナーに借金地獄 資産とられ自殺した人も

 コンビニのセブンイレブンは、全国四六都道府県に一万八二〇〇店を出店し、売上高七八〇〇億円、営業利益二三五〇億円をあげる、セブン&アイ・ホールディングスの稼ぎ頭だ。その利益は、バイト店員からの搾取とオーナー店主からの収奪によってうみだされている。

近隣にもセブン互いに競わせる
 セブンイレブン本部によるオーナー店主収奪の過酷さは悪名高い。自殺者を何人もだしているほどである。確認されているだけでも、埼玉で二人、群馬と宮城では三人のオーナーが自殺に追いこまれている。宮城は、北海道、東京にならぶほど人口あたりのコンビニが多いところで、人口三万人の圏域にセブンだけで五店もある地域もある。本部が二〇〇〇年いらい高密度多店舗(ドミナント)出店方式をとり、狭い地域に多数の店舗を乱立させる戦略を進めているからである。なかでも宮城や東京は、他コンビニとのあいだ以上にセブンイレブン同士の顧客争奪戦がはげしい地域になっている。
 こうしたところでは売上はあがらず、慢性的な赤字経営がつづく。だがコンビニ経営は、売上金の毎日の送金が義務づけられており、現金はごっそり本部にすいあげられる。店に現金がなければ、銀行からの追加融資も受けられない。生活費すら出ない窮迫生活を強いられ、やむなく売上高の一部を生活費にまわすと本部から店舗経営指導員がとんできて監視される。本部社員が数人がかりできて、金庫の鍵をとりあげ、二四時間監視がつづくともいう。
 それでもらちがあかなければ、本部から「契約更新打ち切り」を通告される。オーナーは店舗をとりあげられ、それまでの本部との取引勘定(オープンアカウント)が清算され、巨額の借金だけのこされる。買掛金には普通、利子がつかないのだが、この場合には五~七%の高金利までつけられ、ばくだいな借金にふくれあがるのである。
 宮城県のあるオーナーの場合、もともと酒屋をやっていたが、九〇年ごろセブンイレブン本部からの勧誘をうけ、土地と建物を自前でもつ「Aタイプ店」を開店した。ところが、本部がすぐ近くに同業のセブンイレブン店を開店したため、売上は急減した。家計をささえるためオーナーは他のバイトに出たが、自分の家のセブンイレブン二四時間営業も保証しなければならず、バイトが欠勤すれば自分がかわりにシフトにはいる生活で疲労困憊した。やむなく売上高の一部を生活費にまわしたが、すぐに店舗経営指導員の監視がはじまり、そのあげく「契約更新打ち切り」を通告された。かれは店舗二階の階段で首をつった。
 セブンイレブン本部では「四生五殺」ということもいわれている。「四〇〇〇万円までは借金させても大丈夫。五〇〇〇万円までいくと自殺する」という意味だ。
 本部は、契約のさいにオーナー夫妻の総資産の一覧を提出させるという。預金や不動産、生命保険、各種保険、株・証券、借金、ローンなどすべてだ。けっきょくオーナーの全資産を巻きあげることをねらっているのだ。

保険かけ自殺しても儲ける手口
 しかも本部は強制的に「セブンイレブン加盟店共済制度保険」に加入させる。これは傷害、火災、病気、死亡、所得補償などを網羅したもので、オーナーになにがあっても、債権はすべて本部が回収できる仕組みである。自殺しても本部は儲かる仕組みである。
 セブンイレブンのこうした実態は、マスコミではいっさい報道されない。週刊誌や新聞にとって、いまやコンビニは最大の販売所となっており、とりわけ最大手のセブンイレブンにおいてもらえるかどうかは、死活問題になっているからである。セブン&アイ会長の鈴木敏文は書籍の大手取次会社トーハンの出身者であり、いまもトーハンの取締役である。
 セブンイレブンが伸張するかげには、バイト店員やオーナーの犠牲がある」(人民の星 4月9日より)

ネットでは有名なセブンイレブンの悪評も悲しいかな日本全国津々浦々まで届いているわけではないので、被害に遭う人が後を絶ちません
ただ、「捕らぬ狸の皮算用」に夢中になっている人には何を言っても「馬耳東風」、痛い目に遭わないかぎり目が覚めないでしょう。中国に工場を建設して大儲けをすると豪語していた男性がいて、親戚も家族も中国なんて止めろと再三説得しましたが、本人は聞く耳を持ちませんでした。その結果、現在多大な借金を抱え、窮地に陥っています…それみたことか!なのですけれど、中国への投資の危険性をもう少しマスコミが取り上げてくれていたら良かったのに残念です もちろん、事業の失敗は本人の自己責任であり、マスコミに非はありません。

コンビニのブラックな面は数あれど、民放のみならず文春さえも今回のセブンイレブンの醜聞には沈黙しているようです…

→ 鈴木会長退任を引き起こした次男の悪評!

民放の某局などセブンイレブン商法をほめちぎる始末です まあ、大事なスポンサー様ですからね…
かわいい愚息のためとはいえ、鈴木会長も少々やり過ぎてしまったようで…
しかしながら、多くのオーナーを破綻させ、彼らの財産を容赦なく奪い取ることによって成長してきた悪徳企業のトップが「立つ鳥跡を濁さず」で幕を引くことはお釈迦さまもお許しにはならないでしょう

フランチャイズが「悪」と決めつけることはできませんが、セブンイレブン店舗が密集するというのはどうみても異常なので、これは規制してもいいのではないでしょうか?昼夜必死に働いているオーナーがあまりにもお気の毒です

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア