老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

騒音に敏感なのか鈍感なのか?

テレビのCMや効果音、アナウンサーのテンションアゲアゲの声も騒音ですが、テレビの場合は消せば静寂を取り戻せます( ̄^ ̄)ゞ
公園や保育園の子供の声は高いので、気になり出すとどうにも我慢できなくなるのかもしれません。夜勤明けで寝たい人もいるでしょうし…

「千葉県市川市で4月に開園予定だった私立保育園が「子供の声でうるさくなる」などの近隣住民の反対を受け、開園を断念していたことが分かった。同市の待機児童は373人で全国市区町村で9番目に多い(昨年4月時点)。説明会に同席するなどして地域の理解を求めてきた市の担当者は「(住民の反対で)開園が延期したケースは東京都内などであるそうだが、断念は聞いたことがない。残念だ」と言う。

 市によると、同県松戸市の社会福祉法人が3月に木造2階建ての園舎を完成させた上で、4月1日に定員108人(0~5歳児)で開園する計画だった。予定地は市中心部に近い住宅街で、昨年8月に開園を伝える看板を立てたところ、反対運動が始まったという。

 住民側は市や社会福祉法人に対し、計画撤回の要望書を提出。社会福祉法人による説明会も複数回開催されたが、「子供の声が騒音になる」「保育園が面する道路は狭いので危険だ」などの意見が強く、建設に着手できなかった。市によると、これまでも市内で他の保育園開園への反対はあったが、最終的に合意を得られていたという。

 社会福祉法人は3月下旬の理事会で断念を決定。理事長は「保育園は地域の皆さんから見守ってもらえなければ成り立たない。無理だと判断した」と話している。【小林多美子】

 ◇全住民の理解難しい

 住民参加のまちづくりに詳しい千葉大大学院の木下勇教授(都市計画学)の話 子どもの声を騒音とするのは正しい社会のあり方ではないが、待機児童解消の目的だけで全ての住民の理解を得るのは難しい。行政は地域の未来やまちづくりに、保育園がどう必要なのかなどを住民と話し合い、今後を描いていく必要がある」(毎日新聞4月11日より)

保育園は多少不便でも人家の少ない郊外か、街中なら防音のしっかりした建物(子供は外に出さない)にしないと新たな開園は困難だと思われます
音に対する反応は状況によって、人によって変わりますから、すべての人から理解を得るのは難しいです…
ニオイもそうですよね。
1階にインド料理店のあるマンションに住んでいる知り合いは「以前はコンビニだったから便利でいいと思って買ったのに、今はインド料理の香辛料のニオイがきつくて窓も開けられない」とぼやいています((´・ω・`;))
居酒屋などは音&ニオイが直撃することも考えられます
しかし、そういうことを一つ一つ気にしていたら街中には住めません。
嫌なら郊外の住宅地に居を構えるしかありません…

広い農地を所有している農家の方に「敷地内で鶏を飼えば毎日美味しい卵を食べられますね~」と話したところ、今は近所がうるさくてそんなことはできないと言っていました。昔はどこの農家でも鶏を飼っていたものですが…ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
どこかの国から鳥インフルエンザが入ってきたら、それこそ大騒ぎになりますし、農家の方もそんな危険は冒せません
それでも、こまちの遠い親戚のおばあちゃんは鶏を3羽飼っています。5羽いたのですけれど、2羽はイタチに食べられてしまったそうな…
庭先で「コケコッコー!」と鶏が鳴く光景を目にしたければド田舎に行くしかありません…
実際、隣の家から毎朝鶏の雄叫びが聞こえてきたら耐えられませんよねW(`0`)W

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。