老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学の悪質な所得隠し

大学の経営陣が金儲けに走るとこういうことになるのでしょうね…

「大阪桐蔭中学・高校(大阪府大東市)を運営する学校法人・大阪産業大学が大阪国税局の税務調査を受け、2015年3月までの7年間で、約7000万円の所得隠しを指摘されたことが分かった。他にも経理ミスがあり、申告漏れの総額は約1億円に上った。地方税や重加算税を含めた追徴税額は約5000万円で、既に修正申告したという。

<大阪桐蔭裏金問題>校長と事務長兼会計課長を降格 .
 大阪桐蔭では昨年3月、法人が設置した第三者委員会の調査で、生徒から集めた模擬試験の受験料などを裏金にした問題が発覚。元校長らの口座に約1700万円が送金されたり、ブランド品購入などで約1億3000万円が消費されたりし、国税局が調査に乗り出していた。
 関係者によると、学校法人では通常の授業料収入などは非課税となる。ただ、(1)主催者の代わりに事務作業を請け負った模試や英検、漢検の各種検定(2)参考書の販売など−−について、国税局は課税対象の「収益事業」に当たると判断した模様だ。

 大阪桐蔭はこうした事業で得た模試の事務手数料などの収入を、正規とは別の口座で管理。この簿外処理について、国税局は悪質な仮装・隠蔽(いんぺい)を伴う所得隠しと認定したとみられる。他にも、所得を計上する際に非課税と認識したミスもあり、約3000万円の申告漏れが指摘された。

 法人では裏金問題を受け、過去に在籍した全生徒約1万6500人を対象に、計約3億4000万円の返金を進めている。昨年6月には元校長ら3人(うち1人は病死)を業務上横領や背任の疑いで告訴し、大阪地検特捜部が捜査している。
 今回の税務調査について、法人は「収益事業とみなされたことを受けて修正申告した。改めて再発防止と信頼回復に向けて努力したい」とコメントした」(毎日新聞4月22日より)

数年前に大阪産業大学は経営がうまいという噂を耳にしたことがありますが、裏金作りという意味で、だったのかもしれません
高い授業料を払わされている学生(親)はたまったものではありません
バレないだけで、他の私立大学でも不正が行われているのではと疑っています…
金儲けばかり考えている大学で何も知らずに学んでいる学生も気の毒です。
この際、私立大学への助成金を徹底的に見直し、浮いた分を社会保障費に回せば、消費税は廃止できるのではないでしょうか???

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。