老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パート収入の「壁」10月に引き下げ

パート収入を子供の習い事等に充てている主婦の方は要チェックです!

「●「103万円の壁」と「130万円の壁」って?
パートとして働く中で、よく耳にする「◯◯万円の壁」。該当する数字である「103万円」や「130万円」を気にして働いている人も多いのではないでしょうか。ところがこの「130万円」が「106万円」に変わろうとしています。現在パート主婦の人も、これからパート主婦になる人も、改正後の内容は知っていて損はなし。どのように変わるのか確認をしてみましょう。

家計を少しでも助けるため、結婚後も働きに出る女性が多い昨今。パートとして働いている場合、子育てや家事などに追われて、働くことに制限をかけている人もいるかもしれませんが、それ以外に、様々な「◯◯万円の壁」を意識して働いている人も多いかもしれませんね。
現在、パート主婦の収入の壁は大きく分けて「103万円の壁」と「130万円の壁」の2つあります。まずは、それぞれの違いを確認しておきましょう。

○「103万円の壁」って何?

一度は耳にしたことがある「103万円の壁」。これは税金の壁となります。所得税の計算を行う際、2種類の控除を適用させることができます。
まず、誰でも受けることができるのが「基礎控除」。38万円が所得税から控除されます。それに加えて、給与所得者には「給与所得控除」の適用があります。「給与所得控除」は、最低65万円の控除。先ほどの基礎控除38万円と給与所得控除の65万円を足すと、合計103万円分の控除を受けることができます。そのため、年収103万円となるように働いていた場合、控除の金額と年収の金額が同額となり、課税所得と税金がゼロになるのです。
また、パート主婦が年収103万円以下におさえることによって、世帯主である夫は「配偶者控除」を受けることができ、周りと比べて「配偶者控除」の分、税金の負担が軽くなるというメリットもあります。

○「130万円の壁」は?

では、もう一方の「130万円の壁」とは何なのでしょうか? 先ほどの103万円が「税金の壁」なら、130万円は「社会保険の壁」となります。
仮に妻が年収130万円以上の収入を得ていた場合、妻は健康保険料や年金保険料を自分の名義で支払わなくてはなりません。ですが、年収130万円以下の場合は、夫の健康保険や年金の被扶養者になることができます。
つまり、自分で保険料を負担しなくても健康保険に加入することができ、年金においても国民年金の第3号被保険者なので、将来は老齢年金をもらうことができます。

●10月からは「106万円の壁」、どのように変わる?

○10月より、130万円から106万円に引き下げ

現時点では、社会保険料負担を避けるために103万円より130万円の壁を気にして労働調整をしている人の方が多いかもしれません。ですが、2016年10月から130万円の壁が、一部の人は106万円へと引き下げられることになりました。
具体的には、10月よりパートタイマーなどの短時間労働者に対する厚生年金適用基準が拡大されます。2016年6月現在では、正社員の4分の3以上の労働時間(約30時間)を超えた場合、厚生年金への加入が必要となっています。これに加えて改正後は、「労働時間が週20時間以上」「年収106万円以上」「勤務期間1年以上」「従業員501人以上の企業」の4点を満たすと、厚生年金の加入が必要となります。

現時点で前述した条件を満たしている場合、いまと同じ働き方を続けると厚生年金保険料が引かれることになるため、手取り収入が減る人も出てくると思います。「だったら、手堅く103万円におさえる働き方をしよう!」と思うかもしれませんが、その考えはNG。配偶者控除も廃止の方向に、現在話が進んでいるのです。
廃止の時期については未定ですが、早ければ2017年1月に廃止になるとの見解もあります。これからもパートを続けるのであれば、是非こういったニュースの動向にも注目してみてくださいね。
また、この機会に、時間を増やす・スキルアップで時給を増やす・正社員採用を目指す……など、働き方を今一度見直してみるのも良いかもしれません」(マイナビニュース6月30日より)

ご近所の若い主婦はパートで働いている人が多いです
スポーツジムで大人顔負けの衣装でダンスをしている子供達を見て、某おばあさんが「ああいう子供服って、結構高いのよ~。孫に買ってあげたことがあるんだけど、値札を見てびっくりしたわ!」と言っていました。でも、お母さん達は幸せそうに我が子の踊る姿を見つめていました
バレエもそうですが、こういう習い事は衣装代だけでなく、発表会やらなんやらで相当お金がかかります。で、そのお金はパート収入で賄っている家庭がほとんどです。ご主人の給料は住宅ローンや生活費で消えてしまいますから。。。

かなりの収入が見込めるのなら「壁」を超えられるかもしれませんが、幼い子供を抱えた主婦にとっては不可能に近いことです
「壁」を意識してうまく家計をやり繰りするしかありませんが、パートで働く主婦にとっては痛~いニュースです
なんだかどんどん格差が拡大していくような気がして、やるせないです…

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。