老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バングラデシュの襲撃 日本人が標的か?

国内でも物騒な事件が多発していますが、バングラデシュでとんでもない事件が起きてしまいました

「バングラデシュの首都ダッカで、武装集団がレストランを襲撃し、外国人らを人質に取って立てこもった事件で、日本時間2日午前11時ごろ、治安部隊が突入し銃撃戦になった。ロイター通信は、日本人とみられる外国人1人が突入作戦中に脱出したと伝えている。

 ロイター通信などが現地警察やメディアの話として伝えたところによると、日本時間2日午前10時40分ごろ、治安部隊約100人が武装集団が立てこもるレストランに突入し、銃撃戦になった。その際、日本人とみられる外国人1人が脱出したとの情報もあるが、詳細は分かっていない。銃撃は現在やんでいるというが、AP通信は、レストランから5人の遺体が見つかったと伝えている。

 事件があったのは日本時間2日午前0時すぎで、8人から9人の武装した集団がレストランを襲撃し、警察と銃撃戦の末、店内に立てこもった。これまでに警察官2人が死亡したほか、少なくとも26人がけがをして、うち10人が重体という。

 襲撃をうけたレストランは首都ダッカの各国の大使館が集まるグルシャン地区にあり、日本人客も多く訪れるという。ロイター通信や地元メディアによると、人質の数は20人ほどとみられ、その中にはイタリア人7人のほか、インド人が含まれていたという。

 日本のJICA(=国際協力機構)によると日本時間2日正午現在、ダッカの事務所に勤務する日本人のスタッフ8人と連絡が取れておらずJICAでは安否確認を急いでいる。

 こうした中、過激派組織「イスラム国」系の通信社は戦闘員による犯行との声明を出し、「24人が死亡し40人がケガをした」と主張している。さらに店内とされる写真を公開したが、政府当局はこれまでのところ武装集団についての詳しい情報は明らかにしていない」(NNNニュース7月2日より)

この事件についてはネットのほうが情報が早いので、マスコミに対して報道規制がなされているのかもしれません。
襲撃に遭ったレストランは日本人が経営していて、日本大使館にも近いため、日本人がターゲットになっていたのでは?との声が出ています。
いずれにしても、日本人1名は助かったようですが、7名は依然安否不明のまま…無事でいてほしいですが、厳しい状況です。

外国に援助という名の大盤振る舞いをするのも問題だと思います。
「札束で頬を叩く」ようなことをして、相手が皆、手放しで喜ぶわけではないということを安倍首相にもしっかり受け止めていただきたいです。
バングラデシュ人には親日派が多いと聞いていましたが、悲惨な事件が起きてしまい、本当に残念です。
イスラム教の国にかぎらず、ヨーロッパでもアジアでも、かなり治安が悪くなってきていますので、夏休みに海外旅行を計画されている方は危機管理を万全になさってくださいね。。。

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。