老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

厳しい奨学金の取り立て

育英会の有利子奨学金は「教育ローン」であり、奨学金という言葉は使うべきではないと再三このブログでも訴えてきましたが、一向に改善されません
そのため、返済に苦しむ人が後を絶ちません

→ 「自己破産で奨学金の返済免除」はデマ!

この問題の根深いところは教師が子供やその親に「優秀だから奨学金をもらって進学すべきだ」などと奨学金を勧めていることです
「将来期待できる」「能力がある」等々、褒められたら本人も親もその気になります。実に罪深い行為だと思います。企業に就職しようと思えば大卒の資格は必要ですが、大学を出たからといって100%就職できるわけではありません(ノ_<)

友人の息子さんは関西では有名な国立大学に入学できたので、将来は安泰とばかりに奨学金を受給し、大学院修士まで進学しました。博士課程の3年間も奨学金を受け取りかどうかという時に、今まで借りた500万を超える額を見て親は愕然としました。
息子さんは文学部で企業に就職する気も就職できる可能性もほとんどありません。
それで500万もの奨学金を返せるのか???そして、さらに3年も借り続けていいのか???
結局、奨学金はもう止めて、親も協力して500万の借金をとにかく返そうということになったそうです

知り合いにも何人か月々奨学金の返済を続けている人がいるのですが、これがかなりの負担になっているようです。なにしろ、借金ですから…
年金の支払いが滞っても奨学金は返済しているようです。それだけ取り立てが厳しいということでしょう
「借りたものは返す」のが常識とはいえ、「奨学金」という言葉を使って「有利子ローン」を組ませるのは本当に止めていただきたいです

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
No title
奨学金がローンと分からないやつが大学に行くからだろ。
審査が悪いだけ
2016/07/10(日) 01:05 | URL | kenji #-[ 編集]
No title
kenjiさん

コメント、ありがとうございます。
たしかに審査が甘過ぎますね。
取り立てを厳しくするのなら、審査もそうすべきだと思います。
2016/07/10(日) 06:00 | URL | こまち #-[ 編集]
No title
はじめまして、こんばんは。

お金の知識が無いのと、学費が高すぎる。
首都圏に大学が集中していて、地方出身者が進学しようとすると、とんでもない費用が掛かります。
お金さえ出せば、入学できる大学もたくさんあって、その成績でよく進学したなと言いたくなるような知り合いもいます。
高校生の時に、バイト等でお金を稼ぐ経験をし、金銭感覚を身に付け1万円の大きさを実感しつつ、進学費用を少しでも準備(借金や親に頼りっきりではいけない)する事もこれからは大切ではないでしょうか?
長文失礼いたしました。


2016/07/11(月) 21:19 | URL | アンテイ #-[ 編集]
No title
アンテイさん

はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

地方ではなかなかアルバイトも見つからないみたいですが、
それでも機会があればお金を稼ぐ経験をすることも大切ですね。
「奨学金」ではなく、「教育ローン」という言葉であれば、
親も子供も安易に借りようとはしないのではないかと思います。
それにしても、学費が高過ぎますね。
外国人留学生優遇政策は廃止して、その分学費を安くすべきではないかと…
現状ではあまりにも日本人学生とその親御さんがかわいそうです。。。
大学の数も減らして、本当に勉強したい人だけが進学するようにしたほうがいいような気がします。
2016/07/11(月) 21:44 | URL | こまち #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。