老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

殺人鬼の潜む病院

病院内で殺人事件が起きてしまいました…

「◇院長が説明
 横浜市神奈川区の大口病院で入院患者の八巻信雄さん(88)の点滴に異物が混入され殺害された事件で、同病院の高橋洋一院長らが24日、病院前で記者会見し、八巻さんが入院していた同病院4階で今年、職員のペットボトル飲料に異物が混入するなど3件のトラブルが発生していたことを明らかにした。病院はいずれのトラブルも把握していたが、「院内で対処すべきだ」と考え、警察へは通報しなかったという。【藤沢美由紀】

 院長らの説明によると、今年8月、同病院を退職する職員から4階で勤務する職員へ差し入れられたペットボトル飲料に異物が混入された。飲もうとした看護師が気付き、事務部長が飲料を口に含んだところ、漂白剤のようだったという。ペットボトルの上部に注射針程度の大きさの穴が開いていた。健康被害はなかった。
 春ごろには、4階のナースステーションの壁に掛けられていた看護師の服が切り裂かれていた。6月には、入院患者1人のカルテ数枚が医師の机の上からなくなり、5階の看護部長の机から見つかったという。
 高橋院長らは「看護師らに聞き取りをしたが、いずれも職員間の嫌がらせとして警察には相談せず、誰がやったかを特定することもしなかった」と説明した。

 高橋院長は会見の冒頭、「亡くなった八巻さんとご遺族に深い哀悼の意を表する」と述べた。
 入院患者が殺害されたことについては「施設職員による高齢者への虐待など、信じがたい事件の報道があるが、勤務している若い人がそうした感情を持っているとしたら理解できない」とし、事件については「警察の捜査に全面的に協力している。私は職員を信じている」と話した」(毎日新聞9月24日より)

昔から医療ミスはありましたが、点滴で殺されるなんて、おちおち入院もできません
看護関係の大学で教師をしている友人によると、看護師志望の学生の質が著しく低下しているそうです
老人が3割を超えつつある今、病院も介護施設化しつつあり、介護士よりは給料はいいとはいえ、看護師の仕事は非常に過酷なものだと思われます
9時の診察開始時間に病院を訪れると、待合室にずらりと老人が並んでいてゲンナリしてしまいます
毎日そこで働かなければならない医者も看護師も相当なストレスではないかと…

職員のケアーをきちんとしている病院もあると思いますが、どの病院が安全安心なのか外からは分かりません。
しっかりした管理体制を敷いていても、一人異常者が紛れ込んでしまったら、どうにもなりません。
病気や怪我で無防備な患者を殺すことなどいとも簡単にできるでしょう

いやはや本当に病気にならないように、怪我をしないように、常日頃から気をつけて、一生病院とは縁のない生活を送りたいものです(T_T)

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア