老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大戸屋の内紛

同族経営の会社が大きく成長するためには第三者の関与が不可欠ですが、大戸屋は身内で揉め続けているようです…

「創業家と会社側の対立が続く大戸屋ホールディングス(HD)は3日、確執の原因を「双方の対応に問題があり、十分な意思疎通を欠いた」などと総括した第三者委員会の調査報告書を公表した。記者会見した窪田健一社長は「無用な対立はすべきではない」と述べ、和解に向け意欲を示した。だが、双方が代理人弁護士を立てるなど「(創業家と)直接対話は難しい」(窪田社長)状況にあり、解決への糸口は見つかっていない。
 第三者委は、昨年7月に死去した前会長、三森久実氏に対する功労金支払いが決着していないことと、早期の社長就任にこだわった同氏の長男、智仁氏の香港赴任の内示が確執のきっかけだったと分析。創業家に対しては「コンプライアンス(法令順守)やガバナンス(企業統治)に対する基本的な理解不足があった」と厳しく指摘した。
 窪田社長は「創業家への配慮、事前説明がなかったことを反省している」と述べるとともに、「確執の結果、顧客や株主、従業員、取引先などに迷惑をかけた」と陳謝した。功労金については「適切に対応する」とし、今年2月に大戸屋HDの取締役を辞任した智仁氏の経営陣復帰も「排除しない」と述べた。
 業績については「内紛で影響が出ているとは考えていない」と強調した。
 ただ、第三者委は智仁氏ら創業家側に直接ヒアリングができなかった。報告書の客観性について、第三者委の郷原信郎委員長は「創業家側の代理人にも報告書を送付しており、異議も出ていない」と説明したが、創業家側は経営側との直接対話に否定的だ。
 大戸屋HDは、既存店の売上高が今年8月まで4カ月連続で前年を下回り、9月28日には取締役2人が辞任した」(産経新聞10月4日より)

息子に跡を継がせたいという創業者の意向は理解できないでもありませんが、能力がないボンボンがトップに立っても…
では、窪田社長ら現経営陣がベストかというと、どうもそうではないらしいです。

→ 乗っ取りの全内幕

窪田社長にも言い分が…

→ 社長が涙声で訴えたこと

こういうイザコザが表沙汰になってしまうと、大塚家具のように衰退の一途を辿るような気がします
定食屋は他にいくらでもあるのですから、お家騒動にかまけて質を落としたら、客は離れていってしまいます。
実際、窪田社長になってから質が落ちたみたいですし…

町の小さな定食屋が無敵の大企業になろうとするなら、同族経営から脱却するべきだったのに、それをなし得なかったのは子を思う親心だったのかもしれませんね。ボンボン社長が会社を潰すというのは往々にしてあることです…
でも、まあ、内輪で揉めようがどうしようが消費者には関係ありません。
安くて美味しければいいわけで…
大戸屋の行く末はお客さんの舌次第というところですね

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。