老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地震列島

熊本に次いで鳥取でも大きな地震が起きてしまいました
関西でもグラリと揺れました
足元が揺れるというのは怖いですよね…

熊本、鳥取…ときたら次はまさか福井???
原発銀座直撃はやめてほしいです((((;゚Д゚)))))))
もんじゅ辺りがドカンといったら…想像するだけで身の毛がよだちます
地震列島は原発だらけ…いくらアメリカさんの命令とはいえ、作り過ぎです。
今更どうにもなりませんが…

日本はどこで地震があってもおかしくありませんから、地震への備えはしておきたいですね。

東京消防庁の「地震への備え」に関する記事です → 地震に対する10の備え

今回は携帯が地震より先に鳴ったので、心の準備ができました。
有り難いシステムです。たまに誤報があっても良しとしたいです。。。

「21日午後に最大震度6弱の地震が起きた今回の地震では、高層ビルなどをゆっくりと長時間揺らす長周期地震動が広い範囲で発生した。高い建物ほど長周期の揺れと共振しやすく、高層階ほど大きく揺れる傾向がある。

 大阪市では地震直後、高さ300メートルあるあべのハルカス、大阪府咲洲庁舎、梅田スカイビルなどの高層ビルで相次いでエレベーターが停止した。安全装置が働き、近くの階で停止するなどしたため、閉じ込められた人はいなかったという。

 長周期地震動の大きさは階級1(室内にいたほとんどの人が揺れを感じる)~階級4(はわないと動くことができない)の4段階ある。気象庁によると、兵庫県北部、鳥取県西部のほか、震源から150キロ近く離れた大阪府南部と徳島県北部で階級2を観測。長野県中部、愛知県西部、高知県東部など8地域で階級1を観測した。

 福和伸夫・名古屋大学減災連携研究センター長(地震工学)によると、軟らかい堆積(たいせき)層に厚く覆われている平野や盆地では揺れが増幅され、長周期地震動が起きやすい。大阪や徳島もこうした地盤で、2000年の鳥取県西部地震(M7・3)でも長周期地震動を観測していた。

 この揺れが注目されるようになったのは03年の十勝沖地震以降。この時は震源から約250キロ離れた石油タンクが大きく揺れ、火災が起きた。近年はビルの高層化が進んで影響を受けやすくなっている。福和さんは「長周期地震動は、震源から離れていても揺れが続く。この地震を契機に、高層ビルの免震対策をさらに進める必要がある」と話す」(朝日新聞10月22日より)

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。