老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

危険予知能力を高めねば…

悲惨な事故が発生してしまいました…

「東京都新宿区の明治神宮外苑で開催されていた現代アートの展示イベントで6日夕、木製の作品が燃え、幼稚園児佐伯健仁(けんと)ちゃん(5)(東京都港区)が死亡するなど3人が死傷した火災で、現場にいた大学生の一人が警視庁四谷署の調べに対し、「出火前に白熱球を点灯させた」と話していることがわかった。
 照明の熱で出火した可能性が高く、同署は、展示に携わった学生や担当教員から事情を聞き、白熱球を使った経緯を調べている。
 同庁などによると、出火した作品は日本工業大学(埼玉県)の学生らが制作。ジャングルジムのような構造で、木枠の内側には多量の木くずが絡みつけられていた。作品内部に白熱球より温度が高くなりにくいLED電球を設置し、照らす予定だったという。
 しかし、火災があった6日は夕方から、LED電球に加えて白熱球でも作品を照らし、同日午後5時20分頃に出火した。作品の内側からは、焼けこげた白熱球が見つかった。白熱球はLED電球よりも周囲が高温になりやすく、この熱によって木くずから出火し、燃え広がったとみられる」(読売新聞11月7日より)

亡くなった男の子…熱かったでしょうに、怖かったでしょうに…かわいそうでなりません。
父親も目の前で子供が火に包まれ、必死で助けようとしたのに本当にお気の毒です。
火事が起きた直後、助け出そうとしていたのは父親と40代の男性だけだったそうです。やや火が収まってから10数人の男性がジャングルジムをひっくり返していましたが、それでは手遅れです。
木クズに白熱電球…火事を予見できないとは
危機管理がまったくできていない学生達、大学、主催者…情けないです。
親が子供を守らなければこういう事故は防げません。
常に危険はないかチェックしないといけませんね。。。

幼い子供が車に引かれる事故も多発しています。

「29日午後4時10分ごろ、船橋市二和西3の市道で、同市在住の男児(3)が母親で自称会社員女性(38)=同市=の運転するワンボックス車にはねられた。男児は頭を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。船橋東署が母親から任意で話を聴き、詳しい事故原因を調べている。 同署によると、男児は母親の三男。事故直前、父親と祖父が勤務する会社に母親と兄2人とともに車で訪問していた。用事が済んだ母親は子どもを乗せて会社の駐車場から道路へ右折したところ、子どもたちが「父と祖父と帰りたい」と言ったため車をいったん止め、3人を降ろした。母親が車を前進させたところ、前方に三男がいたのに気付かなかったという。 現場は見通しの良いセンターラインのない直線で幅員は4・6メートル」(千葉日報10月30日より)

大型商業施設やスーパーの駐車場で幼い子供を走り回らせている母親をよく目にします。子供は突然飛び出したりするので危なくてスーパーの入り口付近は避けて駐車しています。
薄暗い屋内駐車場をライトもつけずスピードを落とさずに運転している人もいます。
これでは警備員がいても、事故は避けられないでしょう…
君子危うきに近寄らずですね。
危険を察知する能力を高めておかないと明日は我が身だと思い知らされました

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア