老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高齢者の運転は危険だが…

連日、高齢者による交通事故が報道されていますが、立川では高齢者が悲惨な事故を引き起こしてしまいました…

「また高齢者の運転による重大事故が発生した。東京都立川市の病院駐車場で12日、2人が死亡した事故。高齢者ドライバーによる悲劇が相次いでいるが、「生活の足」を失うことを避けるため、免許返納制度は浸透しているとは言い難い。繰り返される事故を防ぐ有効な打開策は見いだせていないのが現状だ。

 「事故だっ」。病院の防災センター職員の綿引博美さん(53)が事故直後に玄関から飛び出すと、目に入った車のフロント部分は大破しており、前方には女性があおむけで倒れていた。事故現場の歩道から病院入り口まで、血が点々とついていたという。「頭部からはおびただしい出血があった」と、綿引さんは振り返る。
 警察庁のまとめによると、全国の交通事故件数は年々減少傾向にあるが、昨年1年間の80~84歳による人身事故件数は、平成17年の1・5倍となる1万654件に上った。85歳以上は2・2倍の4241件に跳ね上がる。
  高齢者事故の予防策として来年3月から認知機能検査が導入される。「認知症の恐れ」と判定された75歳以上の運転者は違反の有無にかかわらず医師の診断が義務づけられ、認知症と診断されれば、免許停止か取り消しとなる。
 ところが、事故原因の全てが認知症とはかぎらない。2人をはねた上江洲幸子さん(83)も過去に認知症の診断はなかった。多くの事故は一般的な運動能力や判断力の低下が影響しているとみられる。
 政府は免許の自主返納を推進するが、移動手段が狭まるほか、運転を自立の証しと感じる高齢者も少なくない。警察関係者は「郊外の交通手段の確保や自動制御システム搭載の乗用車の開発など、幅広い対策が必要だ」と話している」(産経新聞11月13日より)

この事故の加害者はもちろん83歳と高齢ではありましたが、背後に介護問題があり、高齢であることが100%事故原因ではなさそうです。

「東京都立川市の病院敷地内で12日昼、乗用車が突然暴走し、2人の命が奪われた。遺族たちは知らせを受け、悲しみに暮れた。
 立川署には亡くなった2人の家族らが駆けつけた。「まだ40歳手前なのに本当に悔しい」。安和(あわ)竜洋さん(39)の義理の父親(66)は声を詰まらせ、「少しこわもてだけど優しくて思いやりがあった。旅行に行くといつもおみやげを買ってきてくれた。涙が止まらない」と話した。安和さんが勤務する会社の社長(46)は「彼は役員でうちの仕事の要。惜しい人を亡くしてしまった」と語った。
 安和さんの兄の良隆さん(47)と弟の和洋さん(38)は病院で報道陣の取材に応じた。「3兄弟の中で一番やさしく、面倒見がよかった」。良隆さんは幼い頃、3歳だった別の弟を交通事故で亡くしているといい、再び身内を失った衝撃に、肩を落とした。
 市川妙子さん(35)は安和さんの知人だった。自宅近くに住む女性(41)によると、3人姉妹の真ん中で、母、姉と3人で暮らしていた。「いつも朗らかできれいな人。犬を連れて散歩する姿をよく見かけた。丁寧にあいさつをしてくれていたのに」と話した。
 一方、事故を起こした乗用車を運転していた上江洲(うえず)幸子さん(83)は、夫が8月から入院し、ほぼ毎日、見舞いのために車で病院へ通っていた。近くに住む女性(75)によると、夫は高熱が続いて肺炎になり「ここ2、3日が山」と言われていたという。「1人で面倒を見て、疲労がたまっていたんだと思う。11日は徹夜で看病し、『ゆうべは大変だった。お父さんの冬支度を取りに来た』と話していた」と振り返り、ショックを隠せない様子だった」(朝日新聞11月12日より)
.
高齢というよりも極度の疲労により注意力が散漫になっていたのではないかと思われます。
最近は高齢者に起因する事故だけでなく、幼児が犠牲になる事故も多発しており、加害者は母親であったり近所の若い人であったりしています。
「80歳以上は免許を取り上げろ!」という声も出始めていますが、車が「生活の足」になっている地域においてはタクシーなりバスなりを安く便利に利用できるようにならないと現実には不可能ではないでしょうか?
実際、こまちの住んでいるところはバスを使うとしたら、2時間に1本しかありません。で、タクシーはというとメチャメチャ高いです だから、電車が止まったりすると、9割以上の人が家族に駅まで車で迎えに来てもらっています
80歳代で農業を営んでいる人は車が運転できなければ廃業です 事故を起こしたくないから、皆さん、奥さんを助手席に乗せて二人で前方、後方を注意しながら慎重に運転されています。
もちろん、体力、気力の限界を痛感すれば、即免許を返上すると思います…

ど田舎は本当に車がなければどうにもならないので、高齢者から免許をはく奪するのであれば、国が老人居住区でも作ってそこに移り住んでもらうしかなさそうです。老人ホームも庶民には高根の花となりつつありますし…

たとえば徳島県の例です→ 山間の過疎深刻

それにしても、車の運転には老人も若者も気をつけてもらいたいですが、このところ猛スピードの車が多く、とても心配です。
先日も京都で信号待ちの車に軽トラックが猛スピードで突っ込み、軽トラの運転手が即死するという事故が起きました。なぜかこういう事故は新聞に載っていないのです。
だから、新聞社が高齢者と幼児が関係する事故を意図的に取り上げ載せているような気がします。
考え過ぎかもしれませんが…

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。