老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高収入の高齢者、医療費負担増へ

高齢者間の格差も拡大していますから、所得に応じてそれなりの医療費を負担してもらうのは当然だと思いますが、線引きが難しいですよね…

「厚生労働省が来年度から実施する医療や介護の負担増の大枠が固まった。現役世代並みの収入がある70歳以上の人は医療費の自己負担上限が上がり、新しく75歳になる人は保険料の軽減特例がなくなる。大企業の会社員らは介護保険料の負担が増える。さらに対象を広げるか財務省と調整し、年内に最終決定する。

 医療費では、年収に応じて自己負担月額の上限を定める「高額療養費制度」を見直す。年収が370万円以上で70歳以上の人は、上限を現役世代並みに引き上げる。年収370万円未満で住民税を払っている人も含めるかどうかは調整する。

 75歳以上の後期高齢者には年収が低い人を対象に保険料を軽減する特例があるが、来年度から新たに75歳になる人を対象に廃止する。すでに75歳以上の人は3年かけて段階的に廃止することも検討する」(朝日新聞11月16日より)

370万というのは微妙な数字ですね
老人が増加していますから、いずれすべての人が現役世代並みの負担を余儀なくされるのではないでしょうか?
ただ、その場合は生活保護受給者からも徴収し、例外は一切認めないようにしてもらいたいです
個人的には保険料を上げる前に、高齢者の窓口負担割合を見直していただきたいです
張り薬を処方されるだけなら、なにもわざわざ病院へ行かなくても薬屋で十分ですから…W(`0`)W
マッサージは保険適用外になったのでしょうか?
保険料を徴収することばかり考えるのではなく、現時点の医療費の無駄遣いを徹底的に精査すべきだと思いますが、本当にお役人のなさることといったら…○| ̄|_

↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。