老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

相次ぐ介護関連事業者の倒産

これから介護が必要な老人が増加していくというのに…

「ことし倒産した介護関連の事業者は先月末までですでに全国で97件と過去最多となったことがわかり、調査に当たった民間の信用調査会社は「介護報酬の引き下げや深刻な人手不足が影響しているのではないか」と分析しています。

民間の信用調査会社「東京商工リサーチ」によりますと、ことしに入ってから倒産した介護関連の事業者は、先月末までで全国で97件でした。
年間の倒産件数としては去年の76件を上回り、すでに過去最多となったほか、負債の総額も合わせて91億円余りに上っています。倒産した事業者の規模では、従業員が9人以下が全体の86%を占めるなど、比較的、規模の小さな事業者が目立つということです。

倒産の主な原因では、経営不振が全体のおよそ6割を占め、事業者に支払われる介護報酬が去年4月に全体で引き下げられたことなどが影響していると見られています。
東京商工リサーチの関雅史情報本部課長は「介護報酬の引き下げに加え、小規模な事業者ほど人手不足が深刻で事業をやめてしまうケースもあり、倒産件数は今後も高止まりするおそれがある」と分析しています」(NHKニュース2016年12月30日より)

ネット情報では、参入業者も増えているので、小さな弱いところが競争に勝てずに倒産しているようですね
近所の総合病院が数年前すぐ横に介護施設を併設したのですが、今後、こういうかたちが一般的になっていくのでしょうか?
重度の認知症患者の場合は専用の施設でないと困難だと思われますが、人手不足では老人ホームという建物だけではどうにもなりません…

親戚に90歳代の伯母が2人いるのですが、幸いなことにデイケア施設で介護を受けることができています
1人は半身不随なのですが、頭もしっかりしているので、サポートを受けながら自宅で生活しています。
2人とも「もう十分生きたし、いつお迎えが来てもいい!」と言っていますが、こればかりは…
今の80歳以上の高齢者は幸せですよね。。。

数10年後の日本社会がどうなるか想像もつきませんが、最悪の事態を想定して、これから老後を迎える人は金銭的な問題は言うに及ばす、本当にボケないように、病気にならないように、自己管理をしっかりしていかなければなりません
家族が看るといっても限界がありますから…


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア