老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち家は下流老人への近道?

持ち家か賃貸かというのは人々が関心を寄せるトピックなので以前にも何回か取り上げましたが、日本は「家を構えて一人前」という考えが根強いようです。
しかし、住居としての家は金食い虫で何も生みだしません

→ 持ち家は下流老人への近道

賃貸だと老後が心配だと言う理由でマンションを購入した友人が何人かいます。たしかに老人が家を借りようと思っても、なかなか貸してくれません 持ち家だったらその心配はありませんが、それなりの保証金を積めば老人でも借りられるのでは???
金銭的な面ではマンションでも維持費がかかりますし、地震で家屋が倒壊することも考えられます だから、数十年後を案じて家を買うという選択が正しいのかどうかは疑問です

近くに10数年前に建った新興住宅街があるのですが、壁やら屋根やらの修理があちらこちらでなされています。これが結構なお値段で、購入時のローンが終わったと思ったら、修繕で新たなローンを組まなければならない方もいます(T_T)
小さい子供がいるとマンションやアパートには住みづらいですから、一戸建てを買い求める人が多いけれど、独身だったら定年までは賃貸で(職が変わる可能性もあるため)、定年前に寿命を勘案して安い中古住宅を買うというのがいいかもしれませんね
今後の大きなリスクは隣に得体の知れない外国人が住みつく可能性です
買ってしまったら、そうは簡単に逃げられませんから…

マイホームというのは庶民の夢でもあるから、賃貸派は少ないでしょうね
男性はともかく、女性(とくに主婦)は家に固執しますし…
住居は安い賃貸でいい、その分、趣味にお金をかけたいという人もいます。
要はその人の価値観によるので、いくら持ち家は損と言ったところでほしい人は買います。
大事なのはそれ相応のキャッシュを持っていないと、賃貸であろうと持ち家であろうと下流老人へまっしぐらということです
当たり前といえば当たり前ですが、無理をしてローンを組んでまで家を買うのは今はどうかなと思います。
ちょっと高過ぎますよね…バブルが崩壊してからでも遅くないような気がします…( ̄o ̄)


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。