老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

あちらこちらでゴホン・クシュン

早くも立春ですが、寒暖の差が激しいせいか体調を崩す人が多く、職場ではマスクをしてゴホン、ゴホンと咳をする人もいます(ノ_<)
本人は這ってでも会社に!と必死なのでしょうけれど、目の前で咳をされるほうはたまったものではありません。「周囲にウイルスをまき散らさんと、もういい加減家で休んでいてほしい」と切に願います
インフルエンザも猛威を振るっているようです

「インフルエンザの全国の患者報告数が警報レベルを上回った。厚生労働省が3日公表した患者報告では、1月23日から29日までの間に200万人超が医療機関を受診したとみられる。患者が急増している地域の自治体では、手洗いの徹底やマスクの着用に加え、人混みや繁華街への外出を控えるよう呼び掛けている。【新井哉】

 この週の全国の患者報告数(定点医療機関約5000カ所)は、前週比約38%増の定点当たり39.41人で、警報基準値(30.0人)を超えた。全都道府県で前週の報告数を上回った。

 都道府県別では、宮崎が59.08人で最も多く、以下は福岡(55.1人)、愛知(54.68人)、埼玉(51.68人)、千葉と山口(共に51.4人)、大分(51.12人)、神奈川(49.49人)、静岡(47.4人)、三重(45.58人)、福井(43.56人)、岡山(42.29人)、佐賀(41.92人)、宮城(41.84人)、長野(41.07人)、石川(41.02人)、徳島(40.54人)などの順だった。

 この週に全国の医療機関を受診した推計患者数は、前週より約40万人増の約201万人で、年齢別では5-9歳が約35万人で最も多かった。今シーズン(昨年9月以降)の全国の累計患者数は約748万人となった。

 ウイルスの検出状況については、直近の5週間ではAH3 亜型の検出割合が最も多く、次いでB型、AH1pdm09の順だった」(医療介護CBニュース2月3日より)

西日本は中国から黄砂が直撃しているのか空気も汚れています。おまけに花粉まで飛び始めました((((;゚Д゚)))))))
車のフロントガラスが汚れる、汚れる…

近所に住む30歳前半の女性が1週間ほど家にこもりきりだったので、心配した隣人が訪ねたところ、な、なんと顔がお岩さんのようになってしまっていたそうですw(゚o゚)w
現在、ステロイドで治療中ですが、何かのアレルギーらしいです。。。
30歳を過ぎて免疫力が一気に低下したのかもしれません

寒がりにとっては暖かくなるのは嬉しいけれど、空気中に有害物質やウイルスが蔓延するのは嫌ですね
逃げようがありません…
あまりにひどい日は空気清浄機をフル稼働させて、桜が咲く頃まで耐えるしかなさそうです
市場に春一番が吹いてくれると気力もアップするのですが、市場も寒暖の差が激しいようですねw( ̄o ̄)w


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア