老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

親が元気なうちに…

親が50代、60代では介護などまだ先のことだと考えている方が多いと思いますが、今から自治体の介護実態等しっかりチェックして備えておかないと、将来在宅介護の道しかなくなるかもしれません

→ 介護は、これからもっと過酷で悲惨になる

今年で91歳になる半身不随の伯母が住んでいる地域は介護体制が充実していて、10年前に脳梗塞で倒れた時からずっと同じケアマネージャー、ヘルパーさんに面倒をみてもらっています。しかし、これはかなり恵まれたケースではないかと…
知り合いの農家のおば様は認知症の夫を一人で看なければならない状況です ヘルパーさんをお願いしても、認知症の大男のところに来てくれるヘルパーさんはなかなか見つからないようです。ヘルパーさんはほとんど女性ですから難しいですよね。。。

月に50万~100万かかる高級老人ホームに入れる身分だったら心配無用でしょうけれど、庶民はそんな施設に二親をお願いするのは宝くじにでも当たらないかぎり不可能に近いです。ヘルパーさんも深刻な人手不足ですから、そのうちに外国人になりそうですね
そういうのは嫌だと言う人は本当に老後の資金を蓄えておくしかありません
どのくらい必要なのか…東京のような都会や過疎化した僻地は相当厳しいのではないかと思われます(T_T)

頭がしっかりしているうちに介護体制の比較的整った地域に転居しておくというのも一つの方法ですが、年寄りは慣れ親しんだところから離れるのを嫌がりますし、苦労して建てた自宅を手放して移り住んだとたん、介護体制が変わったなんていったら目も当てられません
いやはや、親が認知症になったら子供は苦労します 
ポックリ死ぬと「子孝行」だと言われる時代になってしまったようです。
人間は誰しもいつかはあの世に旅立つのですが、死んで周囲の人達がホッとするなんて、なんだか悲しいというか侘しいですね


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア