老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

90歳のお婆さんに生命保険!

日本は高齢者のほうがお金を持っていると言われていますが、郵便局の某局員Aさんが90歳のお婆さんに1,000万の生命保険を勧めてきました
このお婆さんは夫も子供もなく、一人暮らしですが、頭はしっかりしています。
さすがに本人に掛ける保険ではなく、被保険者は甥御さん(50歳)で、なんと満期まで15年です
つまり、お婆さんが105歳まで生きるという想定なのです

このお婆さんは知り合いだったので、こまちがAさんに「そりゃあ、生きる可能性はあるけれど、いくらなんでも15年は無謀です!」と抗議したのですが、不動産収入もあるから節税にもなるとのことでした。
お婆さんは最初は乗り気でしたけれど、甥御さんが意識不明の際に入院保険金を申請できるのは妻、兄弟までと知り、取り消しました。
「私が掛け金を払っている保険金を私が申請できないのは承服しかねる」と話していました。

生命保険はいろいろと厄介ですね
かといって、保険金殺人が起きたら困りますから赤の他人を受取人にするわけにもいきません。
親の死をきっかけに親族が揉めて、兄弟が絶縁することも多々あります
そういう場合、受取人を兄弟までと限定しているシステムが正しいのかどうか疑問です。
子供のため、孫のためといってお金を残すと、それがトラブルの元になりますから、葬式代くらいに留めておいて、生きているうちに使うのがベストですね
使い切れないくらいお金のある人は…贅沢な悩みで羨ましいです


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア