老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京唄子さん死去

子供の頃、日曜日に家族で「唄子・啓助のおもろい夫婦」を見ていました。母が「この二人は離婚しているのよ」と話していたのを覚えています。

「漫才やドラマ、バラエティなどで活躍した女優の京唄子(きょう・うたこ=本名・鵜島ウタ子)さんが2017年4月6日、亡くなった。89歳だった。

昭和30年代に漫才コンビ「唄子・啓助」で人気になった。大きな口がトレードマークで、本音トークと、あっけらかんな笑い声で親しまれた。長年「渡る世間は鬼ばかり」のレギュラーだった。

「唄子・啓助のおもろい夫婦」
京都出身。もともとは舞台女優で、戦後間もないころからいくつかの劇団に所属した。56年、鳳啓介(1923~94年)さんと「唄子・啓助」の漫才コンビを結成、絶妙な掛け合いで注目されるようになった。いったん鳳さんと結婚したが、のち離婚した。「唄子・啓助のおもろい夫婦」(69~85年)などで達者な司会役もこなした。

テレビドラマでは60年代の「てなもんや三度笠」のほか、「鮎のうた」などNHKの連続テレビ小説でも再三登場した。舞台出身ということもあり、「水戸黄門」や「暴れん坊将軍」など時代劇でもひっぱりだこだった。
93年スタートの「渡る世間」では、本間病院の本間常子役で、重要な役どころをこなした。
2008年、関西の演芸人を称える「上方演芸の殿堂入り」した。09年に腰の病気が悪化、その後は一線から退いた状態になっていた。

訃報に対し、ネット上では「『渡る世間は鬼ばかり』では、強烈なおばあさん役でしたね」 「唄子師匠は関西だけかな?よく心斎橋で見たよ?」 「ええっ?!京唄子師匠亡くなっただと?!」 「関西の星がまた1つ...ご冥福をお祈りいたします」などと、惜しむ声が上がっていた」(J-CASTニュース4月7日より)

京唄子さんは渡鬼に大阪の姑役で出ていたので、強烈な印象に残っています。チャキチャキの大阪のオバちゃんという感じで「ワイダス!」と登場して「長子はん、何してはんのや!」なんて言っておもしろかったです(゚∀゚≡゚∀゚)
最近のドラマでお顔を拝見しましたが、げっそり痩せられていて、かつての颯爽とした面影はありませんでした。
でも、89歳まで生きられたのですから大往生ですね。。。
渡鬼メンバーも山岡久乃さん、藤岡琢也さん、宇津井健さん、森光子さんと次々に鬼籍に入られ、寂しくなりました。長寿番組はスタートした頃は当然のことながら皆さんお若いですよね

同級生に久し振りに会った時に随分と老けたなぁと感じることがあるのですが、相手だけでなく、こちらも確実に年を取っているわけで、「いつまでも若くありたい!」と念じていても、時の流れには抗えません
パッと咲いてパッと散る桜を見ながら、一日、一日を大事に生きていきたいと思う今日この頃です


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。