老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再配達なしに割引

値上げは痛いけれど、再配達の見直しはいいことではないでしょうか?

「宅配便最大手のヤマト運輸がドライバーの負担となる再配達を減らすため、荷物を1回の配達で受け取れるよう協力した利用者に対する割引制度の新設を検討していることが25日、分かった。基本運賃を9月に最大20%程度値上げする方向で最終調整しており、サービスの見直しや値上げが他社に波及する可能性がある。

 国土交通省によると荷物が再配達となる割合は全体の2割に上り、ドライバーの長時間労働につながっている。このため受取人に近いヤマトの店舗宛てに荷物を送ったり、駅などの宅配ロッカーを活用したりする利用者に、割引やポイント付与の制度を設けることを検討している。

 一方、値上げ幅は5~20%程度で、小さい荷物ほど値上げ率が大きくなる。発着地が同じ地域で縦、横、高さの合計が60センチ以内、重さが2キロまでの最も小さい荷物だと運賃は現在の756円から900円程度になる見通しだ。

 人手不足が共通課題の宅配業界では、佐川急便がインターネット通販最大手アマゾンとの大口契約を解消したとされる2013年度以降に採算が改善した。佐川はその後も運賃が割安と判断した法人契約は変更を求めている。日本郵便も大口顧客に値上げを要請する方針であることが明らかになっている。

 最大手のヤマトの値上げ幅が具体化し、サービスの見直しも進むことで、法人向けを中心とした運賃を改定する動きが一段と強まりそうだ」(毎日新聞4月25日より)

コンビニの店員さんの話では配達担当の人が「再配達を頼んでおいて家にいない人がいて困る」と嘆いていたそうです
だから、そういう人には再配達料金を請求するなりして、現場の負担を軽減すべきです

宅配便が来るまで家で待つというのも落ち着かないので、営業所やコンビニ受け取りが一般化すれば軽い荷物なら自分の都合で行けますし、さらに割引が付与されるとしたら大歓迎です
ヤマト運輸にはアマゾンから撤退して、従業員の待遇改善を推し進めていただきたいです。
アマゾンはヤマト運輸がなくても痛くも痒くもないみたいですし、日本国に税金を払っていないアマゾンに義理立てする必要はありません


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。