老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマホに押されるカメラ業界

携帯電話が普及し始めた頃から対策を打ち出していなければならなかったのに、経営者は一体何をやっていたのでしょうね

「カメラ業界の苦境が続いている。高精細な写真が撮れるスマートフォンの台頭で販売減少に歯止めがかからず、ニコンなどリストラを迫られる企業も出た。
 カメラ映像機器工業会によると、日本企業による平成28年のデジタルカメラの出荷台数は輸出を含めて2418万台となり、5年前から約8割減。スマホと違いを出しづらいコンパクトカメラの減少が著しい。

 市場の縮小でメーカーは業績悪化に苦しむ。ニコンは29年3月期の連結純損益を90億円の赤字と見込み、千人の早期退職者を募った。
 リコーは事務機器の不振にデジカメの収益悪化が追い打ちをかけ、17年3月期の純利益が前期比94・5%減の34億円だった。
 厳しい現状に各社は対応を急ぐ。ニコンはスマホと違いを出せる高倍率モデルに力を入れ、リコーも機種を絞り込む。ソニーは無音、無振動で撮影できる電子シャッターを搭載した高級モデル「α9」を発売する。野生動物やコンサートの撮影などに適しているという」(産経ニュース5月8日より)

素晴らしい技術があるのだから、オリジナルのスマホを開発するなり斬新なアイディアを採用して荒波を乗り切る決断ができず、リストラに追い込まれるとは…
昭和の頃はカメラマンも活躍できたけれど、素人でもスマホでそこそこの写真が撮れるようになった現在はその仕事の範囲は狭まる一方です
どの業界においても需要がなかったらどうにもなりません(;_;)
新しいアイディアがあったとしても、それで確実に需要が生み出せるとは限りません。
日本の消費者は新しもの好きですが、飽きるのも早いですしあまりに高額だと買いません…
経営者の判断・決断能力が試される時代になったようです
トップが高齢で過去の実績に胡坐をかいている企業は衰退の一途を辿るのではないでしょうか???


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。