老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刑務所も国際化

日本の刑務所も外国人比率が高くなり、イスラム教徒も増えました( ̄^ ̄)

「刑務所でもイスラム教徒のラマダン(断食月)やスカーフ着用に配慮して――。日本弁護士連合会(日弁連)が栃木刑務所に対し、バングラデシュ人の女性受刑者の信教に配慮した対応を要望した。女性から2013年に2度、日弁連の人権擁護委員会に人権救済の申し立てが出ていた。日弁連がイスラム教の戒律をめぐり人権救済の要望を出すのは初めてという。

 12日付の要望書によると、女性はイスラム教徒で06年に入所後、礼拝用に長さ2メートル以上のスカーフの所持を許可された。しかし、13年に自殺や逃亡防止を理由に、刑務所から約80センチの三角巾を使うよう求められ、14年1月にはスカーフを没収された。また、夜明けから日没まで飲食ができないラマダン期間中に、日の出前の食事提供を求めたが拒まれたという。

 日弁連は「三角巾では耳や首が十分に覆えず、信教の自由を侵害した」と指摘。ラマダン中の食事時間にも配慮を求めた。

 これに対し、栃木刑務所は「規律・秩序の維持や管理運営に支障がない範囲で、宗教行為には最大限便宜をはかっており、対応に違法、不当な点はないと考えている」としている」(朝日新聞5月16日より)

この女性はどんな罪を犯したのでしょうね…
スカーフの着用はともかくも、食事時間まで配慮しろというのはさすがに反感を買うのではないかと思われます。
一般人でなく受刑者ですから

ホリエモンが刑務所に入っていた時に高齢者の介護をしていたと話していたけれど、犯罪者が認知症になった場合、刑務所が刑期を終えるまで面倒を看てくれるのだとしたら、刑務所が介護施設化する可能性もありますよね
国際化&高齢化…刑務所も頭の痛い問題が山積のようですw( ̄o ̄)w


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。