老後に豊かな生活を営むには投資は不可欠です。日々の出来事を綴りながら、あせらずゆっくり中長期にわたって僅かな資産を少しずつ増やしていきたいと思っています

東日本で「カール」消滅

西日本のほうが売れていたということなのでしょうか?

「菓子大手「明治」が25日、人気スナック菓子「カール」の中部地方以東での販売を中止すると発表すると、ツイッターユーザーの間には波紋が広がった。
 「うそだろ…うそだと言ってくれ」と動揺を隠せない人がいた。「カールうすあじを買い占めなければ!」と焦る人も。
 また、「中東かと思った」「三重県は入るのか?入らないのか?」「どこまで?」と戸惑う声もあがり、「中部以東」「中部地方以東」が一時、話題となった。

 明治によると、「カール」は昭和43年発売のスナック菓子。売り上げ低迷が原因で、中部地方以東は8月生産分を最後に販売終了する。関西以西では「チーズあじ」「うすあじ」の2品に絞って展開する」(産経新聞5月25日より)

子供の頃、チーズ味が好きでおやつによく食べていましたが、もう長いこと口にしていません。とくに嫌いになったというわけではなく、他に選択肢が多々あるからだと思います
昭和世代にとっては「カール」がなくなるのは残念であっても、それならば買うかというと???
「カール」は美味しいですが、歯にくっつくんですよね…

復活を望む声が高まれば「新カール」が登場するかもしれませんミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

薬漬けの医者

医者が麻薬中毒だったなんていったら患者はたまったもんじゃありませんよね

「神奈川県警は20日未明、乾燥大麻を所持したとして大麻取締法違反の疑いで、東京都港区海岸、歯科医師田中良和容疑者(33)を現行犯逮捕した。
 県警によると「歯医者が大麻を乱用している」との情報提供を受け、横浜市の児玉宜正容疑者(38)ら歯科医師2人を19日に逮捕。3人は神奈川県内の同じ大学の出身で、3人の関係や大麻の入手ルートを調べる。
 逮捕容疑は19日深夜、自宅で乾燥大麻約10グラムが入った袋一つを所持した疑い。「自分で使うため」と供述している」(日刊スポーツ5月20日より)

本格的にヨガを始める前は近所の整形外科にお世話になっていたのですが、その先生はざっくばらんな方で「僕は酒と睡眠薬がないと寝られないんだ」と話していました
なにしろ、正直な人で腱鞘炎の手術も「僕は手が震えてできないから他の病院へ行ってくれ」と…W(`0`)W
でも、高齢の患者さんには評判が良かったんですよ。なぜなら、患者の希望通りに薬を処方してくれるから♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

現在懇意にしている歯医者さんは大丈夫かと心配でしたが、暇があれば琵琶湖でボートに乗ってストレスを発散しているみたいなので今のところは薬とは無縁のようです
「医者の不養生」と言われていますが、どんなにストレスが溜まっても麻薬にだけは手を染めないでいただきたいです

→ 医者の不養生は本当だった!


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

物騒になりました

最近、物騒な事件が多発しています…(;_;)

「千葉県警船橋署は20日、船橋市内の路上ではさみを持っていたとして、銃刀法違反(刃物携帯)の疑いで、同県船橋市上山町、無職横田勇容疑者(50)を現行犯逮捕した。
 署によると、逮捕現場から約4キロ離れた同市内の路上で同日午前10時40~50分ごろ、女性3人が刃物のようなもので腕や肩を切られて軽いけがをする事件があり、警戒中の署員が職務質問した。
 横田容疑者は「人を刺そうと思ってはさみを持っていた」と話しているという。
 逮捕容疑は、船橋市本町4丁目の路上で同日午前11時15分ごろ、刃体の長さ約8.5センチのはさみを正当な理由なく所持していた疑い」(共同通信5月20日より)

薬でもやっていたのでしょうか???
無差別に人を襲う輩から身を守るには胡散臭そうな人間からは距離を取ることしかなさそうです

「20日午後10時半ごろ、山口市宮野上の住宅で「義理の母が倒れている」と、この家に住む女性(47)から119番通報があった。
 消防からの通報を受けた山口県警によると、住宅の玄関口で伊藤共栄(ともえ)さん(73)=同市徳地=が頭部と腹部を刺されて血を流して倒れているのが見つかり、搬送された。また住宅裏の竹やぶで、伊藤さんの息子で、この家に住む勝谷(しょうや)光正さん(48)が胸に包丁が刺さった状態で死亡しているのが発見されたという」(朝日新聞5月21日より)

家庭内のイザコザなのか、外部の犯行なのか…いずれにしましても、こういう事件が近隣で起きたらと思うと空恐ろしいです
今や施錠が当たり前ですが、子供の頃は田舎だったこともあり、窓を開けて寝ていました
窓から入る風が心地よかったのを覚えています…
そんな時代も今は昔ですね…


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

真っ白なカラス

道でゴミを漁る黒いカラスは社会の嫌われ者ですが、全身が真っ白だと好感が持てます

→ 真っ白なカラスいた

生存が困難だったら動物園等で飼育してあげてほしいですね

白は人々に高貴な良い印象を与えますよね。反対に黒は…
童話でも白馬の王子は待ち焦がれる存在だけれど、黒馬の王子は悪魔か悪漢扱いですから
ちょっぴり黒いカラスが気の毒になりました( ̄^ ̄)ゞ


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

刑務所も国際化

日本の刑務所も外国人比率が高くなり、イスラム教徒も増えました( ̄^ ̄)

「刑務所でもイスラム教徒のラマダン(断食月)やスカーフ着用に配慮して――。日本弁護士連合会(日弁連)が栃木刑務所に対し、バングラデシュ人の女性受刑者の信教に配慮した対応を要望した。女性から2013年に2度、日弁連の人権擁護委員会に人権救済の申し立てが出ていた。日弁連がイスラム教の戒律をめぐり人権救済の要望を出すのは初めてという。

 12日付の要望書によると、女性はイスラム教徒で06年に入所後、礼拝用に長さ2メートル以上のスカーフの所持を許可された。しかし、13年に自殺や逃亡防止を理由に、刑務所から約80センチの三角巾を使うよう求められ、14年1月にはスカーフを没収された。また、夜明けから日没まで飲食ができないラマダン期間中に、日の出前の食事提供を求めたが拒まれたという。

 日弁連は「三角巾では耳や首が十分に覆えず、信教の自由を侵害した」と指摘。ラマダン中の食事時間にも配慮を求めた。

 これに対し、栃木刑務所は「規律・秩序の維持や管理運営に支障がない範囲で、宗教行為には最大限便宜をはかっており、対応に違法、不当な点はないと考えている」としている」(朝日新聞5月16日より)

この女性はどんな罪を犯したのでしょうね…
スカーフの着用はともかくも、食事時間まで配慮しろというのはさすがに反感を買うのではないかと思われます。
一般人でなく受刑者ですから

ホリエモンが刑務所に入っていた時に高齢者の介護をしていたと話していたけれど、犯罪者が認知症になった場合、刑務所が刑期を終えるまで面倒を看てくれるのだとしたら、刑務所が介護施設化する可能性もありますよね
国際化&高齢化…刑務所も頭の痛い問題が山積のようですw( ̄o ̄)w


↓↓↓更新の励みになりますので、応援宜しくお願い致します!

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
プロフィール

こまち

Author:こまち
老後を明るく前向きに生きていくためには、投資が不可欠!少ない貯えを増やすにはどうしたらいいか、日々試行錯誤しています…

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア